前へ
次へ

医療保険で入院の給付金をどのくらいもらうか

医療保険は病気やけがで入院したときに1日ごとに給付金が受け取れます。
例えば5千円を選択し10日入院すると5万円の給付金を受け取ります。
入院給付金は5千円あればとりあえず安心です。
日本では医療費が一定の金額を超えると高額療養費制度によって国から払い戻しされます。
この制度を利用すれば1か月の最大負担額を8~9万円程度にとどめられます。
例えば1か月9万円かかったとすれば、1日当たりの負担額は3千円となります。
これなら5千円の給付金でも十分に賄えます。
しかし、差額ベッド代や食事代、お見舞いに来た知人の交通費は自己負担となります。
個室で治療に専念したい人や見舞いに来た人の交通費を自分で払いたい人もいるでしょう。
その場合は給付金を1万円と手厚くしておいたほうが良いと言えるでしょう。
給付金支払いには60日・120日・180日などと日数があります。
基本的に支払い限度の日数は60日タイプでかねがね問題ありません。
病気やけがで入院した人の平均日数は厚生労働省の調査によると31.9日とされています。
以前よりも入院日数が短くなる傾向にあるので、60日タイプで十分にカバーできると言えそうです。
ただし、中には心筋梗塞・脳卒中など入院が長期化しやすい病気も存在します。
特定の病気は限度日数が延長される特約もあるので、検討してもいいかもしれません。

Page Top