前へ
次へ

ストレスフルな日々を手放すストレス発散を

ストレスフルな毎日を繰り返してしまうと、心身のバランスを乱してしまうことになりかねません。

more

医療保険で入院の給付金をどのくらいもらうか

医療保険は病気やけがで入院したときに1日ごとに給付金が受け取れます。
例えば5千円を選択し10

more

医療機関で定期的にケミカルピーリングを受けています

きれいなお肌でいたいので、定期的に医療機関のお世話になっています。
月に一度、美容皮膚科クリニ

more

様々なスタイルの分娩がある医療施設

医療施設によって、分娩方法は実に様々です。
それも、医師が決めるのではなく、妊婦さんの希望が優先されるので、理想とする状況にて出産となり、赤ちゃんが誕生するのです。
ただし、自然分娩であっても、会陰切開や陣痛促進剤を投与する場合などもあり、臨機応変に医師や助産師、看護師などがサポートします。
無痛分娩であったり、ソフロロジー分娩などで出産し、とり上げた赤ちゃんも百・千余人を数える医療施設も沢山あります。
幸いにも、努力が報われる形ですから、妊婦さんも安堵の表情を浮かべるようです。
最近では、座位分娩とよばれる腰かけた状態を希望する妊婦さんもいるようです。
上体を起こしている状態は重力に逆らわず、胎児を引き出すにも適しているようです。
妊婦さんも、仰向けの姿勢より不安がるケースが少なく、力むことなく適度に力も入れやすいようです。
医療の進歩によって無痛分娩もやはり希望されることがあります。
陣痛の痛みに関する巷に流れる噂には、鼻からスイカが出るほどの痛み、男性なら失神するなどが囁かれています。
全身麻酔や硬膜外麻酔、最近だとカクテル麻酔にて出産できるようです。
注射のみならず、針や灸を利用した鎮痛効果も注目されています。

歯の病気予防にお越しになりませんか?
白山歯科が丁寧治療で歯を守ります

Page Top